ビデオアートの父 ナムジュン・パイク展

ナムジュン・パイクは,世界で初めてテレビとビデオを用いた作品を発表し,ビデオアートの父として知られています。メディアやテクノロジーについての深い洞察から数々の作品を発表し,20世紀の美術史に名を残しました。

本展では,ワタリウム美術館が所蔵するコレクションを主軸に,ブラウン管モニターを使った立体作品や60年代の前衛芸術運動でオノ・ヨーコが加わった「フルクサス」の貴重な資料,80年代から坂本龍一とのコラボレーションへ展開した映像も含まれます。

また,パイクとコラボレーション活動「ユーラシア」を行なった,現代美術のカリスマとして活躍したドイツの芸術家ヨーゼフ・ボイスにまつわる作品等を構成することにより,日本のメディアアートの源流を展観します。

 

 

【関連事業】* ①から⑥については特別企画展観覧チケットが必要です。

① オープニングセレモニー

10月6日(金)14:00〜

和多利氏(ワタリウム美術館)によるギャラリートーク 14:30〜

② 記念コンサート【パイクをめぐる作曲家たち】木村紀子/濱田貴志デュオ・リサイタル

11月5日(日)13:30開演 15:00終演

パイクにまつわるE.サティ,J.ケージ,坂本龍一,武満徹などの名曲による演奏会。

監修:久保 禎(鹿児島国際大学教授)

③ ダンスパフォーマンス【瞬間に賭ける芸術】

11月3日(金・祝)①13:00〜 ②15:00〜

ダンス・アーティストとパイク作品とのコラボレーション

マイケル・シューマッハ (Michael Schumacher)×コンタクト・インプロビゼーショングループC.I.co.(勝部ちこ・鹿島聖子)

④ DOMMUNE上映【坂本龍一×和多利浩一×和多利恵津子】(約60分リピート)

ワタリウムPRESENTS 没後10年ナムジュン・パイク展

ライブストリーミングチャンネルDOMMUNE(2017年1月3日配信)を上映。

⑤ 学芸員による作品解説(各回14:00〜 40分程度)

10/7(土), 10/14(土), 10/21(土), 11/4(土), 11/11(土), 11/18(土),12/2(土)

⑥ 城南海イベント【パイク作品と島唄

11月1日(水)15:00〜16:00

奄美の歌姫 城南海さんが来園し,パイク作品ケージの森「てぃんさぐぬ花」の鑑賞やインタビュー等の予定。

*詳細は決まり次第HP等に掲載。

⑦ ガイドブック

ナムジュン・パイク展の見どころを解説した,わかりやすいハンドブックを無料配布

⑧ カタログ販売

「ナムジュン・パイク 2020年 笑っているは誰 ?+?=??」など

 

* ナムジュン・パイク展チラシはこちらからダウンロードできます。パイク展チラシ