11月4日(日)「写真家 下薗詠子と撮るモデル撮影」(ワークショップ)を開催!!(申込は終了しました)

開催中の下薗詠子展の関連イベントとして,下薗詠子さんを講師に,霧島アートの森の野外作品とモデルをモチーフにした撮影会を実施します。

今回は,モデルに小木戸利光氏(写真)を迎えることになりました。

写真家のアドバイスをもとに,本館の野外作品を背景にして人物を撮影することができる貴重な機会です。

* 雨天時はアートホールで撮影する予定です。

【名称】 「写真家 下薗詠子と撮るモデル撮影」(ワークショップ)

【日時】 2018年11月4日(日)14時〜16時

【場所】 鹿児島県霧島アートの森

【参加料】 入園料のほかに200円

【定員】 10人程度

【対象】 一般的なカメラの操作が行える方

【準備物】 カメラ(コンパクトデジタルカメラを含むデジタルカメラ,フィルムカメラ)

【申込方法】(申込み期間は終了しました。)

以下の方法で10月19日(金)までに必要事項を記入の上,お申込みください。

① FAXによる申込(霧島アートの森 0995-74-2545)

・ 「11/4ワークショップ申込み」と明記し,参加希望者氏名,年齢,電話番号,メールアドレスを記載してください。

② 本館ホームページ内「お問い合わせ(メールフォーム)」からの申込

・ [お問い合わせの種類]は「企画イベントについて」を選択

・ [お問い合わせの内容]欄に,「11/4ワークショップ申込み」と明記し,参加希望者氏名,年齢を記載してください。

* 申込み1件につき1人の参加希望者を記入してください。

* 参加確定等のご連絡は,確定者にのみ10月26日(金)までに連絡いたします。

* 申込みに際し得られた個人情報は,本イベントのみの取扱とします。

【小木戸利光氏について】

こきど としみつ

英国にて演劇・パフォーマンスを専攻。俳優としてドラマ,映画,舞台,ドキュメンタリー番組に出演。音楽,執筆による創作を行う。

tokyo blue weeps の歌い手で,現在までに3枚のアルバムを発表している。

2017年,NHKドキュメンタリードラマ「あんとき、」にて主演。7月にはエッセイ集「表現と息をしている」(而立書房)を上梓した。

出演作,緒方貴臣監督映画「飢えたライオン」が,第30回東京国際映画祭の上演作品となるほか,瀬々敬久監督映画「菊とギロチン」(2018年公開)では,大正時代の思想家・大杉栄を演ずる。

 

写真家 下薗詠子「脳内カオス」展についてはこちら