8/17(土)青木野枝展関連イベント「鉄に応えるダンスと音楽」開催!

青木野枝展のインスタレーションを舞台にしたコンタクト・インプロビゼーションのパフォーマンスが行われます。展示空間を活かしたダンスと音楽による表現をご覧いただく貴重な機会になります。本展をより楽しむためにも,この機会をお見逃しなく。

【名称】 青木野枝展関連イベント「鉄に応えるダンスと音楽」

【日時】 2019年8月17日(土)11時・14時(各回20分程度)終了しました

【場所】 鹿児島県霧島アートの森アートホール(展示室)

【観覧料】 無料(ただし,当日付の青木野枝展観覧券が必要です。)

* 事前申込みは不要です。

* 特別企画展「青木野枝『霧と山』展」について詳しくはこちら

【出演】CIco[勝部ちこ(代表),鹿島聖子],蓑茂尚美

* CIco(コンタクトインプロビゼーション・グループCIco)

2000年,日本初のコンタクト・インプロビゼーション(以下CI)グループとして設立。普及,交流,公演,後進育成などに力を注ぐ。海外でのワークショップ,パフォーマンスや,講師招聘,フェスティバル開催など,国際的により多くの人々と踊る場を創造し,CIの楽しさを分かち合ってきている。2012年夏に活動の拠点を東京から鹿児島県伊佐市に移転。国際コンタクト・インプロビゼーションダンスフェスティバルi-Dance Japanを隔年開催。

* コンタクト・インプロビゼーションとは,力学に則り,他者との接触や関係性を糧に,即興で動きを導き出していくダンス。パフォーマンスへの応用が見どころ。

* 写真:東 花行