6/28(火)-7/2(土)美術作家 平川渚「間借りオープンアトリエ #2」開催のご案内(*終了しました。)

昨年の秋に湧水町を舞台に展開した美術作家 平川渚「手編みの物語をあつめるプロジェクト」。湧水町のみなさんから手編みのあみものとエピソードを集め,展示「いとなみ」と「あみものをほどくワークショップ」を行いました。
このプロジェクトの成果をふまえた平川さんの個展を今年の12月に霧島アートの森で開催します。これに先立って,個展で発表する作品制作のため,ほどいた糸を使って平川さんが作品づくりを行います。1回目(5/27〜6/1)に引き続き,くりの図書館の一室をアトリエとして間借りし,制作の様子を公開します。
どうぞお気軽にご見学ください。

【会場】湧水町くりの図書館(姶良郡湧水町米永411-1)

【期間】6月28日(火)〜7月2日(土)10:30〜16:00 * 終了しました。

* 予約不要/見学無料

* 作家が離席している時間帯があります。あらかじめご了承ください。

* 開催内容等が変更になる場合があります。最新の情報は霧島アートの森ホームページや電話(0995-74-5945)にてご確認ください。

Photo : Toshio Moriyama

【作家紹介】
平川 渚(ひらかわ なぎさ)

1979年大分県生まれ,2013年より鹿児島県在住。
主な展示に「糸島国際芸術祭2016 糸島芸農」(2016 福岡),「Local Prospects 3 原初の感覚」(三菱地所アルティアム/2017 福岡),「メッセージ2017 南九州の現代作家たち」(都城市立美術館/2017 宮崎),「生きる私が表すことは。鹿児島ゆかりの現代作家展」(長島美術館/2021 鹿児島)など。都城市立美術館に作品収蔵。https://www.nagisahirakawa.net

* プロジェクト公式インスタグラムはこちら

* プロジェクト公式フェイスブックはこちら