7月〜8月に開催する「発見楽しみ工房」(創作ワークショップ)のご案内

霧島アートの森では7月〜8月の期間中に「発見楽しみ工房」(創作ワークショップ)を3回開催します。ご家族,お友達と一緒に作品づくりを楽しんでみてはいかがでしょうか。完成した作品はお持ち帰りいただけますので,どうぞご参加ください。

【日時・内容】時間は各回1330分から2時間程度

 

7月30日(土)第225回「ペットボトルでランプシェードをつくろう」
講師:岩﨑 美紀先生(霧島市立牧園中学校教諭)
霧島アートの森の展示作品をオマージュして,ペットボトルを使ったランプシェードをつくります。

 

8月20日(土)第226回「手のひらサイズの本を作ろう」
講師:塩満 幸香 先生(鹿児島県立福山高等学校講師)
様々な素材や模様の紙を使って,小さな豆本を作ります。簡単な製本体験をすることができます。

 

8月27日(土)第227回「作ってあそぼう,貝合わせ」
講師:平野 良光 先生(霧島市立国分中央高等学校教諭)
はまぐりの貝殻に絵を描いたり和紙を貼ったりした後に,平安時代から伝わる遊び「貝合わせ」をして楽しみます。



【会場】霧島アートの森アートホール(多目的スペース)

【定員】先着15人程度(どなたでも参加できます。)

【参加料】200円(別途入園料が必要です。)

【申込方法】電話 (0995-74-5945)にて参加希望日,参加者のお名前,電話番号をお知らせください。

【新型コロナウイルス対策について】

・ 発熱,咳・咽頭痛などの症状がある方は,参加をお控えください。

・ 参加される際は各自マスクの準備・着用をお願いします。

・ 当日,講師・館職員はマスクを着用いたします。また,作業台にアクリル板を設置するとともに,会場内の定期的な換気を行います。