大寺聡展 Ohtematic 2018(オーテマティック ニイゼロイチハチ)

大寺は3.11の震災以降,一極集中型社会の危うさを強く感じ取り,鹿児島(永吉)での暮らしの中で,「在宅勤務が一般的になりお父さんが地域に戻ること」と「虫自慢」が,多極分散型社会へ移行する鍵になると述べています。そして「イラストレーションを通じて何が出来るか?」というテーマを軸に,これからの在り方・生き方を創造しながら,最も大切なものは何かを考え続けています。

今回は,本展に併せて発売される初の書籍「大寺聡作品集」(フィルムアート社,2018)に収められた新作を含む作品を多角的に紹介し,あらゆるものに遊び心を加えポップに変換する大寺の現在を展観します。ポップカルチャーやイラストレーションをとおして幅広く俯瞰する作家の視点によって,鹿児島の未来が見えるかもしれません。

 

【関連事業】

◎トークイベント(いずれも 14時から15時30分)

3月25日(日)「鹿児島グラフィックデザインの歴史」

大寺聡×小川景一(アートディレクター,絵師)×宮薗広幸(霧島アートの森学芸課長)

4月1日(日)「大寺聡作品集」出版記念サイン会

大寺聡×井原慶一郎(鹿児島大学教授)

4月15日(日)「デザインのあれこれ話」

大寺聡×橋本泰久(アメタ食堂)

◎作家による公開制作(Adobe illustratorによる作品制作デモンストレーション)

3月11日(日)・18日(日)・21日(水・祝),4月8日(日)

*来場者の下描きを元にイラストを仕上げます。

*いずれも 14時から15時30分

◎「大寺聡作品集」・グッズの販売

 

【参考作品】

Fast city

平川動物園

 

* 大寺聡展のチラシはこちら

  • の画像

企画展の情報

会場
鹿児島県霧島アートの森アートホール 展示ロビー
開催期間
2018/02/27 〜 2018/04/15
月曜日休園
観覧時間
9:00〜17:00(入園は16:30まで)
観覧料
入園料に含む
一般:310(240)/高大生:200(160) /
小中生:150(120)/幼児以下無料
*( )内は20人以上の団体料金
*70歳以上の鹿児島県民は無料

アーティスト紹介

133

大寺 聡
1966年鹿児島生まれ。
1990年武蔵野美術大学デザイン学科卒業。フリーのイラストレーターとして媒体を問わず幅広く活動。2000年に東京から日置市吹上町永吉へ移住し,「豊かな自然と最新のテクノロジーの接点」をテーマに自宅で創作活動を行っている。主な展覧会として,1996年・2001年・2004年 個展(HBギャラリー 東京・表参道),2010年 個展「オーテマウンテン」(WHITE GALLERY 鹿児島),2011年 個展「ライト・レール・トランジット延伸版」(マルヤガーデンズ 鹿児島)ほか多数開催。主な受賞歴として,2004年 文化庁メディア芸術祭アート部門審査員会推奨作品,2011年・2012年 南日本広告文化賞グランプリ,2017年 鹿児島県芸術文化奨励賞 等がある。

【主催】鹿児島県霧島アートの森
【特別協賛】トヨタカローラ鹿児島株式会社