八田 隆 彫刻展―マグマの記憶―

八田隆は,鹿児島らしい黒々とした桜島溶岩を素材にして作品を制作しています。

荒々しい岩肌と繊細な配置による空間は,ズシンとくるような存在感と同時に余白がつくる美も感じさせます。自分が手を加えることによって石本来の自然美を失ってしまうのではないかという恐れと常に戦いながら生み出される作品は,溶岩のもつ独特な雰囲気に手を加えることによって,日本特有のミニマリズムやもの派に影響を受けた作家の感覚とともに,言葉を超えたカタチとして昇華されます。どうぞアートの森所蔵作家でもある石彫家の本格的な彫刻展をお楽しみください。

【関連事業 】

◎オープニングイベント 4/21(土)「彫刻制作とリコーダーのコラボレーション」

(リコーダー:吉嶺史晴)①13:00 ②15:00(各回20分程度)

◎ワークショップ(開催時間は全て14:00〜)

4/29(日・祝)「ミニチュア石庭作り」(発見楽しみ工房)

5/3(木・祝)「石彫体験」

6/3(日)「溶岩で小物を作ろう」(一輪挿し・カード立など)

 

【参考作品】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一個の石から…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

形状痕

【展覧会チラシ】(下の画像をクリックしてください。)


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/open-air-museum/web/open-air-museum.org/wp/wp-content/themes/art/content.php on line 90

企画展の情報

会場
鹿児島県霧島アートの森アートホール 第2展示室
開催期間
2018/04/21 〜 2018/06/10
月曜日休園 4/30(月),5/1(火)は開園
観覧時間
9:00〜17:00(入園は16:30まで)
観覧料
入園料に含む
一般:310(240)/高大生:200(160) /
小中生:150(120)/幼児以下無料
*( )内は20人以上の団体料金
*鹿児島県内の小中高校生は土日祝無料
*70歳以上の鹿児島県民は無料

アーティスト紹介

200

八田 隆
鹿児島市生まれ。県立鶴丸高等学校卒業,多摩美術大学大学院 彫刻専攻修了。関東にて活動を続けていたが,1998 年鹿児島県庁への作品制作で4ヶ月鹿児島へ帰省したことを機に鹿児島に拠点を移す。受賞歴:横浜ビエンナーレ横浜彫刻展奨励賞,第14回神戸須磨離宮公園現代彫刻展 神奈川県立近代美術館賞 出展・設置歴:1995宮崎国際現代彫刻・空港展(~2017),「ブラック・スパイラル」(鹿児島県庁舎庭園 鹿児島市 1998),「プライベート・ガーデン」(霧島アートの森 湧水町 2000),モニュメント「石景」(倉吉パークスクエア 鳥取県倉吉市2001),九州新幹線開業記念野外彫刻2004(鹿児島県歴史資料センター黎明館前庭 2004),EXPO RAINBOW in SAKURAJIMA (レインボー桜島 鹿児島市 2015),個展「石の開き」(ZENZAI GALLERY 姶良市蒲生町 2016),「ぞ展」(長島美術館 鹿児島市 2017)

【主催】鹿児島県霧島アートの森
【協賛】鹿児島銀行/中央建設(株)/鹿児島トヨタ自動車(株)/前迫石材(株)/(株)奥山産業/(株)ナカムラ/(株)リビングウェル
【協力】吉嶺音楽事務所/アールエイチ・プラス/Shoko Miyanaga